結婚指輪の歴史

恋人、あるいは夫婦の間で送られる定番の贈り物の1つとして「指輪」があります。
普段から使うアクセサリーとしてプレゼントをするという意味もありますが、それ以上に重要な意味を持つことになるのが「婚約指輪」と「結婚指輪」でしょう。
この二つは他の指輪よりも強い意味を持っているといえます。
婚約指輪は男性から女性に対して、婚約を申し込む際に渡されるのが一般的です。
こちらはあまり普段から装着するというものではないため、ダイヤモンドを使ったリングが使われることが多いでしょう。
女性からは贈らないのが一般的であり、その代わりにお返しとして時計やスーツのように男性にとって普段から使うものを送るという文化があります。

これに対して結婚指輪というのは、結婚式において男性と女性の間で交換するものです。
結婚と指輪の繋がりが生まれたのは、古代ギリシャにまで遡ることができると言われています。
とはいえ、当時の結婚指輪はロマンチックなものではなく、男性が女性と結婚する際にその家族に証明として渡されていたものであったと言われています。
結婚指輪の文化が日本に入ってきたのは文明開化をした明治時代以降のことです。
ただ、この時代はまだ男性にとって宝飾品を身につけるというのが一般的ではなかったために、あまり広がりませんでした。
本格的な普及を見せることになるのは西洋文化が広まった戦後のことだと考えられています。

さて、それではそんな歴史ある結婚指輪の「選び方」について紹介します。



≪Special Link≫
価格やデザイン、素材などから結婚指輪を選べます → 結婚指輪 価格

Copyright © 2014 結婚指輪の選び方ガイド All Rights Reserved.